親知らずで歯並び悪化!矯正治療をしました

私は子どもの頃は歯並びがよく褒められるほどで、歯に関して悩んだことはありませんでした。
しかし高校3年の18歳になったころに、下の前歯の歯並びがなんだかガタガタになり、明らかに悪くなっていることに気付きました。
歯並びが悪くなることなんてあるのだろうか…、と思い吹田で評判の歯医者を受診したところ、また露出していない下の親知らずが真横になったまま他の歯を押していて、それで歯並びが悪くなっていると診断されました。レントゲンでは私が見てもわかるように、親知らずが歯茎の中で他の歯を押していることがわかりました。
矯正如何よりもまず親知らずの抜歯が必要だと言われ大学病院の口腔外科で抜歯をしました。
また露出もしていない歯の抜歯は、歯肉を切り、その中で歯を割り取り出すという大掛かりなものでした。そしてその後、悪くなってしまった歯並びは自然には戻らないので下の歯だけにワイヤーをつけて歯列矯正をすることになりました。
自慢だった歯並びが親知らずのためにガタガタになてしまい、さらに高額な矯正費用までかかるという大変な目に合いました。そしてこのような場合は審美治療ではないのだから矯正に保険が利いても良いのでは?と思いました。