健康的な歯を保つ

PR|審美歯科の評判を探る

昔から、矯正をしたり、虫歯になったり、歯のトラブルが絶えない人生を送ってきました。

もちろん白く美しい歯には憧れます。ホワイトニング歯磨きで少しお値段が高め、千円程度の物を使いますと、歯が白くなりますから、喜んで使っていますうちに、歯に痛みを感じるようになり、歯医者さんに相談しますと、歯磨きのしすぎで、歯が削れてしまい、知覚過敏になっている、ということもありました。白い歯は憧れですが、そのホワイトニング歯磨きを毎日使えない自分の歯に、なーんだ、というひがみの気持ちが起こったこともあります。

そして、そんなにしっかり磨いていましても、歯科の定期健診に伺いますと、虫歯が発見されてしまうのです。フロスも、歯間ブラシも使うようにしています。

そして、ある時の、歯科の定期健診で、虫歯が全くない、という珍しい事態が発生しました。その時に使っておりました歯ブラシが、実は幼児用の小さなヘッドの歯ブラシです。どうやら小生の歯には適しているのでしょうか。今までよりもしっかりと歯磨きができている状態だったと言うのです。なんと、歯石もほとんどついていない、と言うことでした。

とても嬉しく、それ以来、小生の歯ブラシは幼児用の小さな歯ブラシです。

しかし、先日の歯科検診で、また虫歯が発覚してしまったのです。毎日何度も磨いておりますのに、虫歯になってしまうとは、少し、いいえ、大いにショックでした。

歯ブラシ、歯間ブラシ、フロス、のセットは最低限のケアですが、これに加えてフッ素加工してもらおうと思いながら、その時の健診でも、フッ素を依頼するのを忘れてしまいました。

フッ素は虫歯に良い、と知りながら、毎回の歯科治療で依頼するのをつい忘れてしまうのです。

先ずは虫歯ゼロを目指して、人生半ばになりましたが、毎日歯磨きは欠かしません。もともと歯の質も丈夫ではないのでしょう。しかし、自分の歯は大切です。カルシウムを取り入れて、骨を強くする食事も取り入れています。

PR|SEOアクセスアップ相互リンク集|健康マニアによる無病ライフ|サプリメント|住宅リフォーム総合情報|英語上達の秘訣|童話|初値予想|GetMoney|アフィリエイト相互リンク|JALカード|家計見直しクラブ|クレジットカードの即日発行じゃけん|英語上達の秘訣|お小遣いNET|オーディオ|工務店向け集客ノウハウ|