違う歯医者に行っていれば…。

私は、歯医者はどこも同じだと思っていました。これまで、虫歯らしい虫歯になった事はなく、健康そのものでした。それは安岡デンタルオフィス|大阪の歯周病治療が実績豊富な歯科医院に歯科検診に行って診てもらっていたからだと思います。
しかし、そうではないと実感した出来事がありました。
数年前、左下の歯に痛みを感じ、近所の歯科を受診しました。評判が良いわけではないのですが、待ち時間も少なく、すぐに治療が終わるというウワサで、そこの歯科に決めたのです。
診てもらうと、虫歯ではなかったとの事でした。歯のクリーニングや歯石等を取ってもらい、終わったのですが、その時に歯茎まで削り、歯茎は血が染みて痛かった事を覚えています。
その後、3週間程経ってからまた左下の歯が一層痛くなりました。
職場の近くの歯医者に駆け込みました。すると、虫歯だったのです。それも手遅れで、プラスチックの歯をかぶせなければならない、と言われました。私はそれまで、歯を削ったことはあっても被せたり銀歯を入れたり…と言った治療をした事がなかったので、自分の歯がなくなり、プラスチックの歯を入れなければいけない状況になった事にすごくショックを受けました。
あの時、一番初めの歯医者がきちんと見てくれていれば…